MUJI Backpedals on the Word “By-catch”(無印良品が “混獲” 発言を撤回)

 

MUJI admitted to themselves and their suppliers harvesting and exploiting animals − blue sharks − listed on the IUCN Red List as “near threatened” species in their public statement released on June 7th.

 

MUJI, however, made a huge change to it on June 18th. They have now removed the word 'by-catch' claiming that it might have caused international misunderstanding. In fact, they very probably changed it after many people were outraged and contacted them to say that the concept of by-catch is, by its nature, unethical and unacceptable - especially with regard to long-lining in which dolphins and turtles are also often killed. MUJI must've thought using the word 'by-catch' would help defend their position, not realising it made them look even crueler. They clearly wish to move focus away from 'by-catch', instead claiming that harvesting and exploitation of blue sharks is no problem (even for an 'eco-company'!) because there are no national or international restrictions on the fishing of blue sharks.

 

Of course, a true environmentally-friendly company doesn't care about what the rules are, but about what is right for the planet. Once again, MUJI demonstrate that their 'eco-friendliness' is nothing but a PR lie designed to boost public profile and sales. They don't care at all about the environment unless it can put more money in their pockets.

 

MUJI Press Release:
http://ryohinkeikaku.jp/eng/news/2013_0607_e.html

 

*You can learn more in this impeccable article written by Stop Shark Finning:
http://www.stopsharkfinning.net/some-questions-for-muji-japan-about-sustainability

 

**************************************************************

 

無印良品は、準絶滅危惧種としてIUCNレッドリストに登録された動物 −ヨシキリザメ−を彼らの商品に利用していることを、2013年6月7日発表のプレスリリースで認めました。

 

しかし6月18日、その内容に大きな変更を加えています。彼らの用いた”混獲”という言葉は国際的な誤解を生む可能性があるたとして、その文言を引き下げたのです。”混獲”で得たサメだから問題はないという彼らの発言に対し、多数の方が憤りを感じ、私の知る限りでは抗議の問い合わせを行っています。なぜなら”混獲”自体が、主に延縄漁において多数のイルカやウミガメの命を同時に奪うため、世界中で深刻な問題となっているからです。無印良品はその認識がなく責任回避のために”混獲”という文言を使用したものと思われますが、結果としてより彼らの行為を残忍に見せる形になりました。この事態を修復するためプレスリリースに変更を加えた無印良品ですが、今度はヨシキリザメの漁について国内及び国際的な規制がないため(たとえ“環境に配慮する企業”であっても!)利用には問題がないとの主張を全面に押し出してきました。

 

真の“環境に配慮する企業”は規制に牽引される形ではなく、何が地球環境保全のために正しいのかという基準によってその行動方針を決めるものです。規制に従うだけであれば、他の一般企業と何ら違いがありません。ここで再び、無印良品はその企業方針である"環境への配慮”が、販売促進のための単なる宣伝文句であることを証明しています。彼らはさらなる利益がもたらされない限り、環境を配慮するつもりなどないのでしょう。

 

無印良品 プレスリリース:
http://ryohin-keikaku.jp/news/2013_0618.html

 

*無印良品の矛盾点を追求したStop Shark Finningによる記事(英文):
http://www.stopsharkfinning.net/some-questions-for-muji-japan-about-sustainability